血糖値 高い 症状

血糖値が高いとどんな症状が出るの?手遅れにならない前に・・・。

 

 

「血糖値が高いってそんなにいけないこと?」「少しくらい平気でしょう?」と思っている方も多いのではないでしょうか。
”自分に限って糖尿病にはならない”と完全に油断していると、手遅れになってしまう可能性も・・・

 

ここでは、血糖値が高いとどのような症状が出るのか、また、放置しておくとどのようなことが起きるのか等、確認していきたいと思います。

 

 

血糖値が高いとどんな症状が現れる?

 

”血糖値が高い状態”というのは、血中のブドウ糖を全身の細胞に取り込ませているインスリンの働きが悪くなったり、量が少なくなったりすることで、血糖を細胞へと取り込むことができない状態を指します。
この状態を高血糖と言い、高血糖が続くことで全身の血管に悪影響を及ぼすようになります。それが、糖尿病です。

 

血糖値が高くなる状態が続くと、以下のような症状が現れやすくなります。

 

  • 異常な喉の乾きがみられるようになる
  • おしっこの回数が増える
  • 倦怠感を感じやすくなる
  • 体重が減少する

 

など、このような症状が見られやすくなります。
そして、この高血糖状態が続くことで、糖尿病を発症することにも繋がります。

 

これらの症状は糖尿病の方に多くみられる症状なのですが、日常生活の中であまり大きな変化として捉えられないことが多く、「気づいたら糖尿病になっていた」という方も多いです。

 

 

糖尿病の本当の怖さは”合併症”にあり

 

糖尿病の本当に恐ろしい部分というのは、ズバリ「合併症」です。
血糖値が高い状態が続くことで血管が傷つき、全身に様々な障害をきたすようになり機能低下が起きてしまいます

 

 

  • 脳卒中
  • 動脈硬化
  • 腎症
  • 神経障害
  • 網膜症

 

など、このように身体全体に悪影響が及んでしまうのが、糖尿病の恐ろしいところなのです。
特に、神経や目、腎臓などへの影響が大きくなっています

 

以下、その糖尿病の3大合併症と言われている病気をご紹介します。

 

病名

症状

糖尿病網膜症 糖尿病網膜症は、網膜内の血管に障害が起きてしまうことで、視力低下・失明などを招くことがあります。目の前に黒いものがチラチラと見えたり、視界の一部に黒いものが降りてくるような状態は、かなり危険(末期)です。
糖尿病腎症 糖尿病腎症は、血液を濾過して老廃物を尿として排出する役割を果たす血管が障害をうけ、腎臓の機能が害されます。腎不全となってしまうと、人工透析が必要となることが多くなります。
糖尿病神経障害 高血糖が続くことで血管が傷つけられて血流が悪くなることで、神経障害も起きはじめます。手足が痺れたり痛みを感じたりする他、感覚の鈍りなどが起き始めます。痛みを感じづらくなったりと感覚の鈍りが酷くなると、壊疽の原因にも繋がり、最悪の場合には切断を余儀なくされます。

 

このように、糖尿病には3大合併症という恐ろしい病気の危険性もあるのです。
「血糖値がちょっと高いくらいで騒ぎすぎ」「放置しておけばいつか治る」という考え方は、今すぐあらためるべきです。

 

 

高血糖は放置していても改善されませんし、放置しておくことで糖尿病へとまっしぐらです。
少しでも医師から注意を受けた場合には、すぐに食事の見直しや運動など意識するようにしましょう。